【無料で使える】GPT-4を搭載したBing Chatの使い方

AI

Bing Chatについて

 Bing ChatとはMicrosoftが提供するチャット型のAIサービスです。Chat GPTのようにユーザーとコミュニケーションを行うサービスであり、GPT-4を搭載しているため無料版のChat GPTよりもより高度な対話を行えます。

 無料版のChat GPTtとの大きな違いは創造性があるということです。無料版のChat GPTではできなかった画像生成ができます。また、会話のスタイルを選ぶことができ、「より創造的に」、「よりバランスよく」、「より厳密に」の3つから選ぶことができるのが大きな特徴です。

Bing Chatの導入(PC編)

Bing Chatの使用にはMicrosoft Edgeが必要です。まだインストールしていない人はこちらの公式サイトからダウンロードしましょう。

ダウンロードが完了したら検索バーになんでもいいので文字を打ち込みましょう。すると下の画像のように一番上に「こんにちは、Bingです。AI搭載のWeb用Copilotです。」と表示されている部分をクリックしましょう。

クリックすると下のような画面になります。

これでもうBing Chatが使えるようになりました。「会話のスタイルを選択」からスタイルを選び、会話を始めましょう。入力を始めると下の画像のように単語の候補が出てきます。

Bing Chatの導入(スマホ編)

スマホではBingのアプリとEdgeのアプリの両方で使うことができます。自分にとって使いやすいほうを選びましょう。

Bing:AI&GPT-4とチャット

Bing:AI&GPT-4とチャット

Microsoft Corporation無料posted withアプリーチ

Microsoft Edge

Microsoft Edge

Microsoft Corporation無料posted withアプリーチ

基本的にはPC版と使い方は同じですが、両方の使い方を紹介したいと思います。

Bing:AI&GPT-4とチャット

PC版と同じく検索バーをタップすると下の画像のような画面になります。

「チャットをしましょう」をタップするとPC版と同じくBing Chatが使えるようになります。

Microsoft Edge

こちらも同じく検索バーをタップもしくは最初から追加されているNew Bingというアイコンをタップすることで始めることができます。

基本的な操作はPC版とほとんど変わらないので省略させていただきます。

使用例

最新の情報

Bingは最新の情報を教えてくれます。試しに「明日の東京都の天気を教えて」とチャットすると下の画像のようにソースを明確にして情報を教えてくれます。

画像生成

試しに「東京都のイメージを画像で教えて」とチャットするとDALL-Eを使用した画像を生成してくれます。

もう一つ試しに「アニメ風の風景を描いて」とチャットをしてみました。すると先ほどは写真風の画像が生成されましたが、今回はイラスト風の画像が生成されました。

注意点

今回紹介したBing ChatはGPT-4を搭載しているためGPT-3.5に比べれば性能がよいですが、AIが出力した結果は必ずしも正確なものとは限らないので注意をして使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました