【無料で使える】ChatGPTより優秀?ファイル読み込みもできる対話型AI「Claude」でできること

AI

Claudeとは

 Anthropic社によって開発されたチャット型の人工知能(AI)であり、話題のChatGPTとの競合として注目を集めているサービスです。英語はもちろんのこと、日本語にも対応しています。

 Anthropic社は元OpenAIの社員が創業したスタートアップ企業として注目を集めています。そんな中、2023年10月には最新のClaude2を無料で利用できるようになりました

ChatGPTとの違い

 Claudeの大きな特徴としては無料版でも最新のモデルを使用できるところです。多くの人が使っているChatGPTでは無料版だと旧型のモデルのみを使用することができ、最新モデルは有料版のみとなっています。

 さらにもう一つの大きな違いとしては、処理できるトークン数が全く違います。ChatGPTの最新モデルであるGPT-4では約12万トークンが処理可能なのに対して無料で使えるClaudeの最新モデルであるClaude2.1ではChatGPTを大きく上回る約20万トークンの処理をすることができます。

トークンとは

 AIにおける「トークン」は、テキストやコードの基本単位です。言葉に例えると単語や句読点が、プログラムではキーワードや演算子がそれに当たります。これらは情報処理やプログラミングにおいて、より小さな単位として使われています。

ClaudeChatGPT
無料版最新モデル(Claude2.1)旧モデル(GPT-3.5)
API
日本語対応
トークン数約200,000トークン約120,000トークン
有料版の有無
ファイルのアップロード〇(有料版のみ)

Claudeの使い方

 Claudeの始め方はとても簡単です。下のURLにアクセスしてサインアップをすればすぐに利用することができます。

 しかし、初めて利用するときや前回のログインから期間が開いてしまうとログインするときに登録したメールアドレスに認証コードが送られ、再度ログインする必要があるのでよく使うメールアドレスを登録しておくことをおすすめします。

ファイルのアップロード方法

 下の画像のように入力画面のクリップマークを押すことでファイルをアップロードすることができます。

※アップロードできるファイルの形式は限定されているので注意

コーディングはできるのか

 実際に試してみたところある程度のコーディングはできました。個人的にはゼロから作成してもらうよりも手伝ってもらう感覚での利用が便利だと感じました。

  • エラーが発生してどうすればわからない
  • 思うような実行結果が出ない
  • コードはあるけど意味が分からない

 このような人は自分のコードやエラー内容などをコピペしてから用件を伝えることである程度の問題は解決できるでしょう。

結論

 Claudeはとても優秀なため、気になった人はぜひ使ってみることをおすすめします。個人的にはほかのAIに比べて応答時間も早く、精度もとても高いと感じました。

タイトルとURLをコピーしました