【最新版】Google のAI、Geminiの使い方

Geminiとは

 Google によって開発された大規模な言語モデルです。、テキストの生成や、様々な言語の翻訳、さまざまな種類のクリエイティブ コンテンツを作成し、様々な質問に答えることができます。

 ChatGPTの対抗馬としても注目を集めつつあります。そんな注目のAI「Gemini」の使い方について今回は紹介していきます。

どうやってアクセスするのか

 Geminiとは大規模な言語モデルのことを示すので、ChatGPTに例えると「GPT4」や「GPT3.5」のようなものです。

Google Bardにアクセスする

 使い方は簡単でGoogle Bardにアクセスすることで最新モデルのGeminiを使用することができます。Google Bardは現在試験運用中のため誰でも無料で使用することができます。また、Google Bardの使用にはGoogleアカウントが必要です。

 今後Google Bardが有料サービスになる可能性もあるでしょう。

おすすめの使い方

画像をアップロードする

 個人的に便利だと思う機能は画像がアップロードできることです。例えば文字で打つことが困難な数学の数式などを解いてもらいたいときに画像をアップロードするだけで質問ができます。無料版のChatGPTにはないような機能です。

コーディングを手伝ってもらう

Google Bardは一度の質問に対して複数の回答案を出してくれることがあります。例えば、コーディングの過程で解決できないエラーが発生した場合などに自分のコードを提示し、エラー内容を伝えると具体的な解決案が複数帰ってくることがあります。

タイトルとURLをコピーしました